子供が運転するようになっても保険料の急激なアップはありません

免許を取った子供にも、安心して運転させたい。

でも、保険料が急にはね上がるのはいや。
そんな親子にうれしい、急な保険料アップを抑えた自動車保険です。

これまでの自動車保険は、保険料が急激にアップ! どうして? 運転者の年齢を、父親からお子様の年齢に変更するから。「最も若い運転者」の年齢を基準にするため、お子様(19歳)の年齢が基準になります。

おとなの自動車保険なら保険料の急激なアップはありません! どうして? 運転者の年齢が、父親の年齢のまま変更がないから。「主な運転者」の年齢を基準にするため、父親(50歳)の年齢が基準になります。お子様は、運転者の対象範囲を広げることで補償されます。

うれしい秘密は、運転者の年齢条件に。

おとなの自動車保険では、保険料の決定にかかわる要素の1つである「運転者の年齢」を、「最も若い運転者」ではなく「主な運転者」に変えました。

これまでの自動車保険は、運転する人の中で「最も若い運転者」の年齢を基準に年齢条件を設定していました。
そのため、お子様が運転するようになると、最も若いお子様の年齢を基準に年齢条件を設定することになり、保険料が一気にアップするケースがありました。

おとなの自動車保険は、「主な運転者」の年齢が基準!

しかし、おとなの自動車保険では「主な運転者」である親の年齢を基準に、年齢を設定します。
お子様が運転するようになっても、運転者年齢は親の年齢のまま、運転者の範囲にお子様を追加※できるのです。
たまにしか乗らない子供の年齢に合わせて保険料がアップしていたこれまでの保険に比べ、より納得できる年齢になっています。
主に運転する方がお子様の場合は、「主な運転者」にお子様の年齢を設定してください。

これまでの自動車保険とどう違う?

今までは父親(50歳)だけが運転していたクルマを、子供(19歳)も運転するようになったら…。

これまでの自動車保険は、保険料が急激にアップ! どうして? 運転者の年齢を、父親からお子様の年齢に変更するから。「最も若い運転者」の年齢を基準にするため、お子様(19歳)の年齢が基準になります。

おとなの自動車保険なら保険料の急激なアップはありません! どうして? 運転者の年齢が、父親の年齢のまま変更がないから。「主な運転者」の年齢を基準にするため、父親(50歳)の年齢が基準になります。お子様は、運転者の対象範囲を広げることで補償されます。


万一に備えて、納得できる自動車保険を。まずは一度、お見積りください。

今年も、来年も、インターネット申し込みで10,000円割引!! 分割払いの場合は、年間9,960円の割引となります。

5分で分かるカンタンお見積り

0120-013-285

取扱代理店
ダイレクト保険サービス株式会社
〒104-0061 中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル
引受保険会社
セゾン自動車火災保険株式会社
〒170-6068 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60-40F

取扱代理店は引受保険会社の保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権・保険料領収権および告知受領権はありません。保険契約の締結に際しましては、お客様ご自身が引受保険会社に保険契約のお申し込みを行っていただきますようお願い致します。

文審2011-P5118(2012.1)

お電話でのお見積り、お問い合わせはお客様サポートセンター

0120-013-285

受付時間
9:00~17:30(年末年始を除く)
受付コード
ADS101